img_02

生体認証ログインによるグループウェア

ネットワークを通しての情報のやり取りは、企業の業務を迅速にする手掛かりになります。

これまで遠隔地同士の情報の交換には、郵便や電話、ファックスなどの手段に限られていました。しかしそれでは、通信に時間がかかったり、伝達できる情報量が限られてしまいます。

インターネットテクノロジーは、これまでの企業の業務の限界を超える効果をもたらしてくれます。

グループウェアは、今後の業務のスタイルを大きく変える可能性を秘めています。



新しい情報テクノロジーの利用について、企業経営者は積極的に判断する必要があります。
グループウェアを利用してデータのやり取りを行うためには、まずログインすることが必要です。


その際には、利用を許された権限者であることの認証が行われます。



セキュリティのために重要な作業であり、また今後はさらに交互な認証機能が求められます。

グループウェアのログインのための手段として、生体認証を採用するというのも方法です。

生体認証は、個人が持っている体の固有部分に着目して、正確な確認を行うというものです。



そのため、生体認証テクノロジーを応用したログイン手段を取り入れることで、企業のグループウェアを介して重要な情報が奪われるといったことがなくなります。
重要な企業機密を保持するためにも、生体認証を採用したログインの手法が、グループウェアを用いたデータのやり取りにおいてセキュリティ保持のために大きなプラスになります。